富士センチュリーモータースクール御殿場校
準中型免許

準中型一種(普通一種MT所持)
普通免許MT所持
176,000円
(190,080円 税込)

準中型免許 Q&A

準中型免許とはどのような免許?
いままでの普通免許と、2年以上の運転経歴を必要とする中型免許との間に、新しく作られた免許です。
18歳になれば、普通免許を取らずに直接、または普通免許を取得後2年を待たずに運送車両を運転できる免許が取得できることが大きな特徴です。
普通免許で十分?準中型免許を取るべき!?
準中型免許は、トラックまでも運転できる「生涯の有益なライセンス」として、普通免許より高い付加価値があるはずです。

準中型免許の新設にあわせて、普通免許の区分が変更されたので、平成29年3月12日以降に普通免許を取得した場合、最大積載量が
2トン未満となり、2トンのトラックは運転できません
普通免許だけでも乗用車を運転する分には問題ありませんが、トラックを運転するお仕事などを検討されている方は、ご年齢によって準中型免許や、さらに上位の免許のご取得をおすすめします。
今までの普通免許はどうなる?
平成19年6月以降に取得した普通免許は、自動的に5トン限定の準中型免許とみなされています。
ですので、これまで通り、車両総重量5トン未満のトラックであれば運転することができます。

また、さらに中型免許を取得する場合の教習時限は11時限に、大型免許を取得する場合の教習時限は26時限になるため、
いままでよりも4時限分短くなります。ですので、早く取得できるだけでなく、教習料金も安くなります。

今後の運送業界にとって5トン限定準中型免許を保有する人は、人材確保の大きなターゲット層になるはずです。

準中型免許 教習時限

平成29年3月11日までに普通車MT免許を取得した方は 5t限定準中型免許 となり、限定解除をする事で 準中型免許 を取得する事ができます。

所持免許 普通MT免許を所持している 所持免許なし
平成29年3月12日以降に取得 平成29年3月11日までに取得
技能時限数 13時限 4時限 41時限
学科時限数 1時限 免除 27時限
検定/審査 技能検定 限定解除審査 技能検定
適性検査 試験場で受験 試験場で受験
学科試験 免除 免除 試験場で受験

準中型免許 ポイントまとめ

18歳から普通免許同様に取得することができる!

18歳から車両総重量7.5トン未満のトラックを運転できる!

平成29年6月以降、平成29年3月11日までに取得の普通車免許は、限定解除(4時限)をすれば準中型免許に切り替えることができる!